NOA BLOG

映像作品(主にアニメーション)の紹介など

「PULSAR」



保田克史監督 「PULSAR」 1990

ストップモーションアニメーションを紹介します。
保田さんは、NHKで放送されていたロボットパルタの監督さんです。

学部の時、ある先生が「白は最も形のわかる色だ」
と言ってました。言われてみれば、デッサンで使う石膏は白ですしね。色でのごまかしがきかないというコトでしょうか。

その白(正確に言えばそこにできる陰影の色も含めて)だけを使ってアニメーションしているこの作品は「形」、またその形の連続でできる「動き」に対してしっかり向き合っている気がします。
キレイですねぇ。

スポンサーサイト

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

なんか笑えるね
音にあわせて動きも決まってるんだね
逆か?
ある動きから連想する音で構成されてるのかな

どっちかなぁ?
これだけ音楽に合ってるってコトは、音が先にあったのかも
少なくとも音と映像を同時進行で作ってるんじゃないかな

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkeynoa.blog64.fc2.com/tb.php/17-232e6d28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

検索フォーム

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ